0034 : 毎日をもっと丁寧に生きてきたいと思うだけで結果が伴わない民

慌ただしく過ぎる毎日に鉄槌を

ここ最近、生活スタイルが休職に入る前の状況に戻りつつあってヤバいなと思っている。

  • 子供を学童保育に迎えに行くのが週に1,2回になってしまった

  • たすくまの記録がおろそかになっている。

  • 日記が書けない。ついつい書けない。

  • 驚くほどにインプットが出来ていない

  • びっくりするぐらいアウトプットが出来ていない

  • 運動量が劇的に減った。

  • ずるずる仕事している

  • 毎日疲れてる

  • プライベートでついついチャットやメールを確認してしまう

一応、ダイエットの為にとジムには週2回ペースぐらいで行っているが、もはや焼け石に水である。この流れはマズい。

仕事は以前に比べてだいぶ手加減してもらえているので、むちゃくちゃ大変という訳でもない。しかしながら、じわじわと時間とアテンションを奪っていく。

仕事のペースが慣れていくのに従って、気晴らしにどうでもよいゲーム(特にやりこんでいるわけではない、暇つぶしの簡単なパズルゲーム)をやる時間が増えた。

良い習慣が次々と崩壊し、悪い習慣が次々とできあがる。予想に難くはなかったことだが、このままずるずると行ってしまうのは非常にマズい。


人生は等しく24時間であり、体力には限りがある。

例えば本を読むにしても、今できなかったことが後からまとめて取り返せるわけでは無い。今日3時間だらだらしたからといって、明日3時間時間が増えるわけではない。

今の体力は、仕事を8時間ほどこなすとヘロヘロになる程度なので、寝ずに頑張るとかそういう方向性ももちろんなし。頭が回る内に、インプットもアウトプットもやれなければ、その日はゼロインプット/アウトプットに終わる。

とするならば、頭が回る時間帯にダラダラするというのは、とてもMottainai。誰かがMottainaiは英語になったと言っていたが、僕の周りのインド人には通じなかった。


誓って僕は「人生をもっと丁寧に生きたい」と心から願っているわけで、今の毎日のあり方に満足しているわけではない。

Youtubeで丁寧な暮らしをしている人の様な生活はちょっと無理だと思うけど、毎日記録を取って、読書をして、運動して、ブログやPodcastのアウトプットをする位のことはやりたい。

計算上、3時間あればよい。子供の送迎30分、読書30分、運動30分、アウトプット30分、日記と振り返り30分、ストレッチと瞑想30分。これができれば、割と丁寧に生きていると思えるはず。

QOL爆上げとかツイートしてるキラキラつよつよの人たちと比べるとなんと地味なことだろうか。というか、隣のキラキラ芝生が本物か疑ってる場合ではなく、僕の荒涼たる荒れ地をなとかせねばならん。

・・ということで、僕が思う丁寧な暮らし再構築プロジェクト始動します。要するにただの習慣再構築。続きはまたそのうち。